COLUMN

婚活お役立ちコラム

マッチングアプリと結婚相談所はどっちがオススメ?【徹底比較】

婚活ノウハウ

結婚相談所・婚活サービス

Pairs(ペアーズ)やゼクシィ縁結びといったマッチングアプリを活用した
婚活がどんどん普及してきています。

年齢を重ねるごとに出会いの場が減ってきて、積極的に行動を起こす人が
増えてきているのでしょう。

また、スマホひとつでできるというお手軽さもあり、とりあえずアプリを
インストールして、アカウント登録だけでもしてみようという軽い気持ちで
スタートできるところも魅力のひとつです。

しかし、この手軽に誰でも始められるというところに、実は落とし穴があり、
マッチングアプリの成婚率が低い要因があるのです。

今回の記事では、マッチングアプリを使ってみたものの、なかなか結婚に辿りつかない人向けに、
その理由と、結婚相談所が成婚率が高い理由について解説していきます。

 

マッチングアプリはどんな仕組み?

結婚を前提とした「婚活」を目的としたマッチングアプリや
とりあえず恋人を作りたい人向けのマッチングアプリなど、目的によって種類は分かれているものの、基本的な仕組みはどれも同じです。

スマホでアプリをインストールしたのち、自分のプロフィールを登録して、
気になった相手にメッセージを送ってマッチングしていくというシンプルなものです。

自分のプロフィール登録には、facebookなどのSNSアカウントをリンクさせたり、
運転免許証などによる年齢確認が必須だったりと、ある程度しっかりした制約が設けられています。

 

マッチングアプリの落とし穴

しかし、マッチングアプリは、「結婚」を目的とした際に、一番大切な項目が証明ができていません。

それは、「独身であるかどうか」の証明です。

facebookとリンクしていようが、身分証明証で年齢確認を完了していようが、
その人が独身であるかどうかは、確かめようがありません。

実際、有名なマッチングアプリにも既婚者の登録は見受けられます。

手軽に始められるということは、遊び目的の既婚者にも使い勝手が良いということです。

これが、マッチングアプリの落とし穴なのです。

 

結婚相談所は独身者しか登録できない

一方、結婚相談所の会員は、独身者のみで構成されています。

なぜ独身者のみと断言できるというと、これまでの記事でも何度か紹介してきましたが、
「独身証明証」という書類の提出を義務付けているからです。

これは本籍地のある役所で取得することができる、その名の通り、
独身を証明するための書類です。

また独身証明書以外にも、収入証明や卒業証明など、多くの証明書の提出を義務付けており、信用と信頼のあるシステムを構築しています。

 

結婚したい人にオススメなのは結婚相談所

結婚を前提とした交際相手を見つけたい場合は、マッチングアプリよりも、
結婚相談所がおすすめです。

結婚相談所は、結婚を前提とした交際相手を探している人ばかりです。

それがマッチングアプリだと、結婚の意志がない人がいるばかりか、
完全な遊び目的や既婚者が登録しているケースがあります。

本気で結婚をお考えの人は、まずは無料相談で、結婚相談所のサービスの仕組みについて
知ってください。お待ちしております。

こちらの記事も読まれています