COLUMN

婚活お役立ちコラム

30歳から考える婚活のススメ【結婚相談所の使い方】

婚活ノウハウ

結婚相談所・婚活サービス

結婚において「30歳」はひとつの節目になるかと思います。

「30歳までには結婚したい」

「30歳までには子供が欲しい」

「30歳になってから真剣に考える」

晩婚化が進んでいる昨今ですが、30歳という年齢は、多くの人の節目として考えているかと思います。

しかし、多くの人はなんとなく30歳と考えているだけで、
そこに対して、明確な行動目標を立てて行動している人はまずいません。

いざ30歳を迎えてみて特に出会いがないまま、時間だけが過ぎてしまった・・
というケースは非常に多くの人に当てはまるのではないでしょうか。

今回は、30歳という年齢から結婚相談所の利用について、どういったメリットがあるかを
紹介していきたいと思います。

 

30代以降の自然な出会いは減少していく

学生時代の恋愛はもちろんのこと、職場恋愛も30代に入ると、かなり厳しくなってきます。

インターネットリサーチによるアンケートでは、20代の約3割程度しか職場恋愛の経験がないという結果が出ています。

これが30代になると、20代よりも可能性は低くなっていきます。

では、合コンはどうでしょうか?

おそらく、周囲の既婚者の割合が高くなり、開催の頻度が落ちてきたり、
もしくは開催されても既婚者の参加が多く、ただの楽しい飲み会になっていることも
少なくないのでありませんか?

 

じゃあマッチングアプリはどうなの?

なかなか自然な出会いを期待していても、どうやら時間がもったいない。

じゃあ、マッチングアプリはどうでしょうか?

自分の好みを検索してアプローチができるので、効率的で良いかも?

確かに、マッチングアプリを使うのもありだと思います。

しかし、リスクとして潜むのが、遊び目的のユーザーの存在。

つまり、既婚者や恋人持ちのユーザーです。

何度もメッセージのやりとりをして、食事に行ったにも関わらず、
突然連絡が途絶えたり、既婚者であることがわかった場合、
失った時間は取り戻すことができません。

マッチングアプリは、こういったリスクをある程度覚悟して使う必要があります。

 

30代からの結婚相談所活用法

こういったマッチングアプリのリスクを払拭したサービスが結婚相談所です。

結婚相談所というと、相談所が相手を紹介するサービスで、本当に自分の理想の相手と
出会えるのかという不安をもつ人がいるかと思いますが、そんなことはありません。

結婚相談所のサービスは、マッチングアプリよりも精度の高いデータベースを、
導入しており、会員は自ら条件を指定して、検索することができます。

その数、なんと6万人。さらに全員が独身証明書を提出した既婚者ゼロのデータベースです。

さらに会員は月会費を払っているため、活動中の人ばかりなので、
連絡がつかなくなるといったこともありませんし、会員にはひとりひとりカウンセラーが
つくため、状況も全て教えてくれます。

 

まとめ

30歳を結婚の節目とする人は大勢いますが、具体的に期限を決めて活動している人が少数です。

結婚の意思があっても、自ら真剣に婚活を行わなければ、時間はどんどん過ぎて行ってしまいます。

結婚相談所は、期限を決めて婚活を行うには最も効率的な手段です。

まずは無料相談へお越しください。

こちらの記事も読まれています