COLUMN

婚活お役立ちコラム

結婚したい職業1位は看護師!結婚相談所でも利用者が増えている理由とは

女性向け

結婚相談所・婚活サービス

結婚したい職業ランキングというアンケート調査がよく行われていますが、
女性職種の中で、常に1位が「看護師」なんです。

しかし、一方で看護師の未婚率は、一般女性に比べ高いという結果が、
多くの調査でわかっています。

今回の記事では、「看護師」が人気に理由と、
未婚率の高さを検証し、なぜ結婚相談所を利用する看護師の方が多いのかを
考えていきたいと思います。

 

なぜ結婚相手に看護師が人気なのか?

結婚したい職業ランキングで常に1位の看護師ですが、
その理由は、やはり職業イメージがその要因です。

・面倒見がよく、“癒し”のイメージがある

・精神的に自立していて、しっかりしている

・育児で職を離れても復帰しやすい

・病気や怪我の処置の知識がある

こういったイメージで、結婚相手として、男性からは常に人気があります。

 

看護師は未婚率が高い職業でもある

結婚相手に人気1位の職業である看護師ですが、実は未婚率が非常に高い職業でもあります。

25歳〜29歳の未婚率が約7割、30歳〜34歳の未婚率が約5割という調査結果があり、
これは一般女性の未婚率と比べて、1.5倍近く未婚の人が多いそうです。

なぜ、看護師の人は未婚率が高いのでしょうか?

 

出会いが少ない

一つ目の理由は出会いの機会が少ないことが挙げられます。

まず、土日祝の休みではなく、また夜勤もあることから、
周囲との友人たちとの休みが合わず、出会いの頻度がどうしても下がってしまいます。

せっかく休みが合っても、日頃のハードな仕事で、
外出するのが面倒だったり、家でゆっくり過ごしたいという思いが優先され、
結果、出会いの場から遠ざかってしまうということが考えられます。

 

一人でやっていけてしまうし、一人が楽である

看護師の平均年収は478万2700円と、女性平均の377万8200円を大きく上回ります。
(平成29年賃金構造基本統計調査)

また、一般の職種と違って、転職にも有利な職業で、AIが発展しても将来的になくならないであろう職業ということで、
良くも悪くも一人でやっていけてしまうという側面があります。

一方で、世間的には、高給と思われがちですが、人の命を預かる仕事で、
さらにその労働環境を考えると、むしろ割に合わないというぐらいハードな業務でもあるため、
プライベートは、旅行などに時間を使うという人も多いのです。

 

看護師のイメージとのギャップ

「白衣の天使」という言葉があるように、思いやりがあり、
優しく大らかなイメージが強い看護師という職業ですが、
看護師のみなさんはボランティアでやっているのではありません。

もちろん、そういった思いを持っているからこそできる仕事ではありますが、
あくまで仕事です。

実際、看護師の人はそんなイメージを投影されるのは迷惑でしかありません。

勝手に理想を抱かれ、勝手に現実とのギャップを感じ、幻滅されるのはたまったもんじゃありません。

 

結婚相談所は看護師にとって最適な手段

今の時代、結婚がすべてではありません。

思いっきり働いて、そのお金で旅行や買い物で、自分の時間を使うというのも
一つの理想だと思います。

しかし、それでもやっぱり結婚したい!という看護師の人は、
一度、結婚相談所という手段も考えてみてください。

実は、結婚相談所は看護師の人と非常に相性の良いサービスなんです。

その理由は、3つあります。

 

面倒な飲み会などなく、遠回りしなくてよい

当社の結婚相談の紹介システムは、入会後に6万人の会員プロフィールが登録されている
データベースにログインするためのアカウントを発行します。

自身のプロフィール入力が完了次第、年齢、地域、年収といった項目で検索し、
自分に合った会員にオファーしていただきます。

このオファーのシステムが他の婚活アプリと最も異なる点です。

それは、「オファーボタン=お見合いの申込み」であり、
相手とメッセージのやりとりをする必要がありません。

多くのアプリは、お互いにメッセージをやりとりすることで、
信頼を築いていく必要があり、その分時間がかかったり、途中でフェードアウトしてしまいます。

結婚相談所の場合ですと、身分証明証や独身証明書、
所得証明といった書類の提出を義務付けており、信用・信頼が担保されています。

また、会員一人一人にカウンセラーがついており、お見合いまでのセッティングを全て代行します。

そのため、オファーがスルーされることがなく、フェードアウトするということがありません。

会うまでのスピードが非常に早いのが特徴です。

 

会員数は6万人でどこよりも出会いの数が多い

結婚相談所に重要なのが会員の数と質です。

当社が導入している会員システムは、国内最大の日本結婚相談所連盟が運営しているデータベースです。

会員数は現在6万人、1ヶ月に2千数百人の新規会員が登録しています。

質に関しては、100%独身者で構成されており、年収のボリュームゾーンは、
500万円〜699万円となっているので、生活が安定しており信頼のおける会員構成となっております。

さらに詳しい会員データはこちら
結婚相談所はどんな人が利用している?【2018年最新の状況】

 

看護師は結婚したい職種1位

冒頭で書いた通り、看護師の人気は非常に高く、それは結婚相談所でも同様です。

またオファーを受けた会員は、お見合いの希望日時を第三希望まで指定できるので、
土日以外でもセッティングが手早く行えます。

さらに会員プロフィールには、自己PRに加え、相談所のカウンセラーが、
客観的に会員の印象やPRを記載するため、看護師という職業イメージ以外の「ひととなり」をアピールできます。

 

まとめ

看護師は、仕事の特性上、出会いの機会が少なく、未婚率が高い職業です。

どうしても時間が不規則で、長く婚活をするにはハードルが高くなります。

短期で結果を出す結婚相談所をうまく活用すれば、そのハードルがグッと下がります。

仕事が忙しく、時間がとれない、気が重く、なかなか行動に写せない、という看護師の方は
ぜひ無料相談をご検討ください。

こちらの記事も読まれています