COLUMN

婚活お役立ちコラム

結婚相談所はどんなイメージ?【利用者の実態を調査!】

結婚相談所・婚活サービス

調査・データ

結婚相談所はどんな人が登録していると思いますか?

こんなイメージをもっていませんか?

「結婚できなさそうな人」

「適齢期が過ぎた人」

「何か“ワケあり”な人」

果たしてその実態は、どうなのでしょう?

当社が、実際にマッチングに活用している、日本結婚相談所連盟のデータベースに
登録しているユーザープロフィールについて、掘り下げて見ていきたいと思います。

 

国内最大級の会員データベース

日本結婚相談所連盟には、現在63,150人の会員が登録しています。

そして、当社を含む約1,900の結婚相談所が、この6万人のデータベースを駆使して、
マッチングしていくわけですが、実際にどういった人たちが登録しているのでしょうか?

 

結婚相談所利用者の年齢層

30代前半〜40代前半がボリュームゾーンになっています。

20代での利用も増え続けており、結婚適齢期にゴールできるようにと、
計画性をもった若い世代が増えてきています。

 

結婚相談所の利用者の収入

多くの結婚相談所では、男性の年収公開が義務付けられています。

公開された年収を見てみると、500〜699万円が最もボリュームが多く、
国税庁発表の民間企業給与所得者の平均年収は432万円(平成29年)を上回る、
良質なデータベースといえます。

 

結婚相談所利用者の学歴

学歴社会は時代遅れといわれますが、就活でも婚活でも、
まだまだ一つの判断材料として重要視されるのが学歴です。

学歴から、その人のこれまでの歩みや考え方、家庭環境などをある程度みることができるからです。

日本結婚相談所連盟のデータベースは、短大・四大・大学院を卒業した方が70%以上を占めています。

そのため、しっかりとしたご職業に就いている会員が多く、紹介も安心して行えます。

 

結婚相談所だからこそ出会えるハイクラス層!

ご覧いただいた通り、当社がマッチングに活用している日本結婚相談所連盟のデータベースは、
国内トップクラスの「会員数」と「会員の質」を有しています。

年収面で見ると、民間企業給与所得者の平均を上回っていることから、
大手企業や、医師・弁護士といった高所得といわれる職業の人が多く登録しています。

さらには、そういった職業の人を探してアプローチできるため、
知人の紹介や合コンでは、なかなか出会うことができない人にも、
結婚相談所だと、出会える可能性が高くなるというわけです。

 

まとめ

さて、最初の結婚相談所のイメージとガラッと印象が変わったのではないでしょうか?

先入観や先行したイメージが、実はあなたの可能性を阻害している、
ということは結婚相談所に限ったことではありません。

何事も、まずは情報収集をして、判断することが重要です。

真剣に結婚をお考えであれば、いつでもお問い合わせください。

行動あるのみです!

こちらの記事も読まれています