COLUMN

婚活お役立ちコラム

結婚相談所のお相手検索のシステムをご紹介!【実際のイメージを公開】

結婚相談所・婚活サービス

結婚相談所に入会前の人は、入会からお見合いまでの流れを、
どれくらいイメージできていますか?

ネットで調べても、「無料相談→入会→お見合い・・・」といった
フローチャートや図でしか見たことがないかと思います。

今回の記事では、当社が活用しているお相手検索システムの実際の画面や、
入会時に提出していただく書類などを、写真とともにご紹介していきたいと思います。

結婚相談所に登録するためのプロフィールシート

入会時に提出していただく書類の中に、プロフィールシートというものがあります。

この書類は、次にご紹介するお相手検索システムに、
自分のプロフィールを登録するために必要になります。

プロフィールシートは主に以下の項目で構成されています。

(1)基本情報(氏名・生年月日・連絡先・住所など)
(2)基本プロフィール(身長・体重・血液型・学歴・年齢など)
(3)職業
(4)自己PR
(5)趣味・趣向
(6)相手へ希望条件
(7)家族構成

こちらのプロフィールシートは、非常に細やかな個人情報になりますので、
当社では鍵付きのキャビネットに保管し、厳重に取り扱っています。

実際に当社で使っているプロフィールシートがこちらです。

結婚相談所の会員検索システム①

当社では、日本結婚相談所連盟が運営する
国内最大級の会員データベースを利用しています。

このデータベースは、60,000名以上の会員と、その活動をサポートするおよそ2,000社の相談所が
利用する国内最大級のシステムです。

一組でも多くのお見合いが組まれるよう最新の機能を搭載し、
ひと月におよそ30,000件のお見合いが全国各地で行われています。

 システムのご紹介はこちら→ https://www.ibjapan.com/protection/

プロフィールシートを提出いただいた後、当社が活用している会員検索システムに、
会員となった方のアカウントを作成します。

そこで、提出いただいたプロフィールシートの内容を、当社が入力して、
会員様のプロフィールページが出来上がります。

プロフィールページの情報は、提出いただいたプロフィールシートの内容に加え、
担当のコンサルタントから見た会員のPRポイントを添えた内容になります。

この作業が完了次第、IDとパスワードが発行され、システムを利用できるようになります。

結婚相談所の会員検索システム②

会員プロフィールがシステムに反映され次第、検索機能が利用可能になります。

検索結果に表示されるプロフィールには、
氏名、住所、勤務先などの個人情報は非公開になっています。

この中から気になった人に対して「お見合い申込」をクリックすると、
相手に通知がいく仕組みになっています。

婚活アプリとは異なり、お見合いを前提にしたシステムなので、
お見合いが成立するまでにメッセージのやりとりをすることはありません。

 

<実際のシステムデモ画面>

 

結婚相談所の利用を具体的にイメージするためには

結婚相談所の敷居はまだまだ高いように思いますが、
実は20代の若い人の利用も増えてきています。

より効率よく、だらだらと時間をかけずに結婚したいと考える人が増えている
という背景があるように感じます。

結婚相談所に興味のある人は、ぜひ無料相談への申込をおすすめします。

今回ご紹介した会員の検索システムも、実際にデモ画面で検索結果をご覧いただく
ことが可能です。

私たちタンデムは、無料相談で入会を強く勧めることはありません。

まずは、仕組みやサービス内容をしっかり知っていただき、納得いただいた上で
入会いただきたいという思いがあります。

まずは、お気軽にお問い合わせください。

こちらの記事も読まれています